So-net無料ブログ作成
検索選択
スペースショッカー ブログトップ

スペースショッカー誕生 後編 [スペースショッカー]

さて、第4話です。
IMG_20150924_001255.jpg


前回はプラチナモザイクダンボのメスの誘拐を企てるところまでお話ししました。

はい、ここで当研究所の方針である“他力本願”“他人のフンドシで相撲をとる”の本領発揮です。

またT沢N帯魚で、もともとの交配に使われたのと同じ系統の“直系(笑)”を入手しました。

写真はこちら。
20141218_221328.jpg


現在でも変わらないと思いますが、
当時私が知っていた限りでは“プラチナモザイクダンボ”及び“プラチナモザイクビッグイヤー”は
T沢N帯魚とGっぴーK楽部Tokushimaの2パターンで、

Tokushimaさんのはアクアライフでも紹介された通り

タイの“ジョー”作品で、

一部から、あのタキシード斑は、やはり、

“ジョー”

なのではないか、ということでした(ジョー談のような話)


ということで、
ここで混ぜちゃったら私には見分けがつかないのは間違いないので、素直にT沢N帯魚系統を使うことにしたのです。


今になって雌の表現を良く見ると、ちょっとモザイク模様が細かい系統っぽく見えなくもない・・・

そして、出てきた子供が以下の方々
IMG_20150424_120653.jpg

IMG_20150424_123823.jpg

IMG_20150427_003831.jpg

おおまかに分けると、

“赤”“青”の分離と、
尾ビレが“普通のモザイク調”と“細かい模様”

の2×2タイプ。

見事、タキシードとノンタキシードに分離はしませんでした。

そして、そのまま“普通のモザイク調”でブルーのオスメスでF2を採って出てきたのが以下のタイプ
IMG_20150818_002947.jpg

IMG_20150821_004208.jpg

IMG_20150821_004418.jpg

IMG_20151008_004201.jpg

IMG_20150924_001255.jpg

青と赤とアイボリー(笑) で尾ビレが“普通のモザイク調”と“細かい模様”の組み合わせ。


で、その中の1匹がよこちゃんさんに見初められたのでした。



この細かい模様のタイプが“ドラゴン”というのと同じなのか、気になるところです。

しかし、ウチではメスの尾ビレに赤はまったく出ないので、ちょっと“ドラゴン”とは違う気もします。

もしかしたら、模様を細かくする方法として同じ因子を使っているのかもしれませんが。

これ、模様が細かいタイプは、尾筒の模様も細かく割れるのですが、表面の光沢が無くなります。

尾ビレも艶っぽいのは“普通のモザイク調”で“細かい模様”のタイプは艶が劣るように見えます。




今後はアイボリーを固めていく方向で行きます。

リボンにしたいところですねぇ。。。

スペースショッカー誕生 前編 [スペースショッカー]

今回はマドーグッピー研究所の名前の原因でもある、スペースショッカー誕生のお話を。

 要は、さらってきて秘密基地で改造したってことは、仮面ライダー等他の怪人と一緒なのですが。。。 
IMG_20150924_001255.jpg




 彼のスタートは 

 T沢N帯魚で現れたY型アクアマリンコブラのモザイクオスと 

オールドファッションブルーモザイクオスとプラチナモザイクダンボメスを交配して得られたメス(ブルーだった) を

交配して得られた、 ブルーモザイクタキシードなのにコブラ模様が表現されている個体でした。

 当時ショッカー(の常染色体タキシード因子)を探していた私は、 

「これは常タキかも!?」
 と思い早速購入。

 得られた仔が以下の写真の個体。 IMG_20150129_213918.jpg
写真のようなタキシード調と普通のモザイクが半々くらいで現れ(青と赤も半々くらい)、
この時点でよく考えれば、タキシード調の暗色は常染色体でもXでもあり得る感じでした。 

しかし、 
・タキシードなのに背ビレに高さが無い
・タキシードの上に見えるコブラ模様が強いのと弱いのがいる
・メスのタキシード班が薄く見づらい

という3点が、『X染色体のタキシードっぽく無さ』に感じられ
そして、私は常タキシードだと願い次の交配に移るのです。 

 それではそのタキシード調の暗色部分の遺伝を検討する材料となった交配とその結果を紹介します。
 その交配は基本的ですが、
 (ブルーのモザイクタキシードのオス個体) × (RRE.Aグラスのメス個体) 

 で、F1は全部アクアマリンコブラグラス(赤と青は出ましたが)になったのです。 

IMG_20150129_220240.jpg

 ありゃ?常染色体だったら、少なくとも半分はタキシード斑がくるのでは? となりまして。
 それではとF2を取ってみたのが以下。
水槽が足らないのでRRE.Aしか残さなかったのですが、
 こんなのと こんなの。

IMG_20150320_232626.jpgIMG_20150320_232243.jpg

 う~ん、モザイク尾ビレとタキシード班が連動してるっぽい・・・ 
 これは『X染色体にモザイクタキシードなのかも』となったわけです・・・ 

 さてしかし、このまま維持も考えたのですが、 
前述したように、
タキシードなのに背ビレの高さが出ないし、 メスは普通のタキシード斑よりも薄いから見分けがつきづらいこいつら。 
そんでもって、めっきりダンボ感も無くなったら尾開きも弱くて、地味な感じ。 


 ダンボ感が無くなったら地味になった・・・ !? 

 ダンボ感、出せばいいんじゃないかい? 

 しかも、X固めるの面倒だから、固まってるメスを誘拐してくればいいんじゃないかい?

 ということで、プラチナモザイクダンボのメスを誘拐する作戦を立てるのでした。

 次回、スペースショッカー誕生後編

スペースショッカー ブログトップ